町田・相模大野・相武台エリアの絵画教室ホワイトエンプティ 東林間から徒歩2分

体験入学・教室見学

体験入学レポート

絵画の森の散歩道。お気軽にお越し下さい。

体験入学

絵画教室に興味があるのだけれど、どんなところなんだろう…、一度描いてみたいな…、という方は無料体験入学を受けつけています。

ご予約をお願いします。

電話の場合
TEL&FAX 042-747-9772
受付時間:
9:00〜12:00(土・日・月)
13:30〜16:30(金・土・日・月)
メールの場合
メールでのお問い合わせ 1.お名前、2.ふりがな、3.電話番号、4.メールアドレス、5.ご希望日時(子供クラスは土曜10:00〜12:00のみです)をお書きください。

体験内容

  • 一般クラス 鉛筆画、色鉛筆画、水彩画の中からお選びください。その他、ご希望があれば相談に応じます。
  • 子供クラス お子様に合わせて、課題を設定します。

時間

  • 一般クラス 3時間
  • 子供クラス 2時間

20分程度の休憩があります。

持ち物

特にありません。モチーフ・画材は教室でご用意します。

教室見学

雰囲気だけでも知りたい…、という方は、お気軽に教室見学をしていただけます。
ご予約は必要ありません。開講時間にお越し下さい。

このページの先頭へ

体験入学レポート

小田急江ノ島線の東林間駅から徒歩5分、白熊の看板が目印の絵画教室「ホワイトエンプティ」。その温もり溢れる優しい教室での体験入学の模様をレポートします。

学生のころ、ちょこっと絵を習っていた私。卒業してからはまったく絵画とは無縁の生活を送っていたけれど、私生活をもっと充実させたくて、習い事でもしようかと思っていたところに見かけた生徒募集のお知らせ。 絵画…、久々に描くのもいいかもしれない。体験入学もあるようだし、試しにどんな感じかのぞいてみるだけでも行ってみようかな。
そうして私は、絵画の森の散歩道に足を踏み入れたのです。

体験入学の内容は自由に選ぶことができます。

体験入学当日。まずは先生と軽くおしゃべり。どんなことをやりたいか、体験入学の内容を相談して決めます。
基本的には鉛筆画、色鉛筆画、水彩画の中から選ぶのですが、それ以外にやりたいことが明確にあるのであれば、相談に乗ってくださります。

私は「とにかく絵を描きたい」という動機でしたので、相談の結果、シンプルだが奥の深い『石膏デッサン(鉛筆画)』を体験させていただくことにしました。

先生がとても丁寧に教えてくださいます。

体験入学では、必要なものはすべて教室が用意してくれます。一通りの道具の使い方を教えてもらったら、いざ本番。最初の一筆をどこから始めようか、緊張するけどすごくワクワクする一瞬です。この感覚、懐かしい! 先生は絵を描いている生徒さん全員にアドバイスをしてまわりながら、「上手だねぇ」とか「ここの空間をもっと意識してみて」など声をかけてくださいます。ほめられたりすると、照れくさいけど嬉しくもあり、筆も進みます。

たくさんの芸術に囲まれた空間です。

教室には様々な芸術/参考書があって、自由に閲覧できます。
ただ眺めてみたり、描いている絵の参考にしてみたり。そんな芸術書たちや石膏像、先生や生徒さんの描いた絵がいたるところに飾られている教室は、まさに「絵画の森」という言葉がぴったり。
どこか懐かしい、とても落ち着ける空間でした。

お気に入りのカフェで絵画を楽しむような、不思議な教室。

コーヒーのよい香りが漂ってきました。ここで休憩です。先生と生徒さんと、皆でひとつのテーブルを囲んで楽しむお茶とお菓子の時間です。 ちょっといいところだったから、と早々に続きを再開する生徒さんもいれば、先生と絵画のおしゃべりを楽しむ生徒さんも。まるでお気に入りのカフェでゆったりとアートに触れているような贅沢な感覚!

その後また続きに戻り、体験入学は終了しました。

体験入学を申し込んだものの、当日教室に行くまでは「すごく気難しい先生だったらどうしよう」なんて不安もありましたが、濱田先生(左写真)はニコニコと優しく、こちらの意思を尊重した丁寧な指導をしてくださる素敵な先生で、包容力が深い教室の雰囲気そのものという感じです。

体験入学をして感じたことは、絵を描くためには環境が非常に大事だということ。絵画は対象と自分の関係を明らかにさせる、そして自分の深いところを探る、とても静かで豊かな行為だと思います。だからこそ自分の心を素直にさせて、落ち着かせてくれる「お気に入りの場所」が必要だと感じました。
ホワイトエンプティは"絵画の森"の中にひっそりと開かれた、小さな空間です。何度も通いたくなるような、優しくて爽やかな秘密の場所。ぜひ皆さんも、その秘密を覗きに来てくださいね。きっとあなたのお気に入りの場所になると思います。

このページの先頭へ

サイトマップ